ステークホルダーとのかかわり

  1. 主なステークホルダーとの対話の機会・方法
  2. お客さま
  3. 株主・投資家
  4. 従業員
  5. 取引先(調達先、納入先、委託先)
  6. 地域社会
  7. 地球環境

ヤマハグループの企業活動は、さまざまな利害関係を有する方々とのかかわりの中で進められています。
ヤマハグループでは、製品・サービスを提供している「お客さま」をはじめ「株主・投資家」、ともに働く「従業員」、そして調達先や納入先、委託先などの「取引先」や、事業展開をする「地域社会」を主なステークホルダーと位置付けています。加えて、事業活動がプラスマイナス双方の影響を及ぼす対象として「地球環境」を重視しています。
ステークホルダーへの約束として「顧客主義・高品質主義に立った経営」「健全かつ透明な経営」「人重視の経営」「社会と調和した経営」を追求し、「感動を・ともに・創る」を実現するために、ステークホルダーとのさまざまな対話の機会を通じてご意見・ご要望を伺い、企業活動に反映しています。
また毎年、外部有識者からCSRレポートへの第三者意見をいただき、CSR活動および報告に対し指摘のあった事項について改善を行っています。今後はより多角的なレビューの仕組みを検討していきます。

[ 画像 ] 主なステークホルダーとの対話の機会・方法

私たちは、製品・サービスの提供を通じて、お客さまの感動と心からの満足を目指します。

主な責任
安全・安心で価値ある製品・サービスの提供/ユニバーサルデザインの推進/製品情報の適切な提供/お客さまへの適切な対応・サポート/お客さま情報の適切な管理
日常的なコミュニケーション手段
製品・サービス別の相談窓口(電話・e-mailなど)/日常の営業活動
コミュニケーション事例

私たちは、企業活動を資金面から支えてくださる株主・投資家の皆さまに対し、経営情報開示と積極的・持続的なコミュニケーションを行います。

主な責任
正確な経営情報の適時開示/適切な利益配分/企業価値の維持・向上
日常的なコミュニケーション手段
株主総会/投資家向け説明会/投資家向けウェブサイト・メールマガジン
コミュニケーション事例

私たちは、ヤマハで働く人々の主体性・感性を尊重し、一人一人が創造性を十分発揮できる環境整備に努め、よりよい製品・サービスを提供できる企業風土づくりを目指します。

主な責任
公正な評価・処遇/人権・多様性の尊重/人材活用と育成/多様な働き方の支援/健康・安全の確保
日常的なコミュニケーション手段
経営に関する意識調査アンケート/労使会議・労使協議
コミュニケーション事例

私たちは、取引先を企業理念の実現に向けてともに歩むパートナーであると考え、公正かつ透明な取引を基本とし、相互理解を深め、良好な信頼関係の維持・構築に努めます。

主な責任
公平かつ合理的な規準による取引先の選定/公正な取引/不明朗な関係の排除/優越的地位乱用の禁止
日常的なコミュニケーション手段
日常の営業・調達活動/生産販売動向報告会/方針説明会/CSRアンケート調査
コミュニケーション事例

私たちは、各国・地域での事業活動において、関連する法令や国際規範を遵守するとともに、環境保全や人権尊重に十分配慮します。また地域社会・文化の発展に資するさまざまな活動に積極的に参加し、社会の一員である「企業市民」としてよりよいコミュニティーづくりに貢献します。

主な責任
地域との共生・発展への貢献(文化の振興、次世代育成、福祉、雇用創出、技術・技能開発など)
日常的なコミュニケーション手段
地域・自治体との情報交換会/工場見学/従業員の地域活動への参加
コミュニケーション事例

私たちは、持続可能な社会の基盤である地球環境のため、環境保全、生物多様性維持の意義を理解し、事業活動や製品・サービスの提供における環境負荷の軽減はもとより、環境に貢献する諸活動に取り組みます。

主な責任
汚染の防止/水資源の保全/化学物質の管理と削減/生物多様性の保全
日常的なコミュニケーション手段
地域、NPO・NGOとの情報交換・対話