CSR推進計画

  1. CSRマネジメント
  2. 組織統治
  3. 人権・労働慣行
  4. 環境
  5. 公正な事業慣行
  6. 消費者課題
  7. コミュニティ参画およびコミュニティの発展

CSRマネジメント

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
CSR推進のPDCA化
  • CSR推進状況の一覧化(進捗管理と開示)
  • 戦略的CSRテーマの設定
  • CSR推進目標設定と達成度合い管理
  • 戦略的CSRテーマの推進体制構築
CSRの社内浸透
  • CSRウェブサイトの整備(トップページリニューアル、ウェブPDFダウンローページ新設)
  • イントラネットでの情報発信(社内活動、他社事例、トピック)
  • CSRセミナーの実施(製品・サービステーマ)
  • CSRレポートEラーニングの実施
  • CSRウェブサイト ユーザビリティ改善検討
  • イントラネットでの情報発信強化
  • セミナーやEラーニングの実施

ステークホルダーとのかかわり

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
ステークホルダーの声を反映する仕組みづくり
  • 対話・コミュニケーションの状況確認
  • CSRレポートの有識者レビュー(第三者意見)
  • 戦略的CSRテーマに関する有識者/NGO対話

コーポレート・ガバナンス

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
コーポレート・ガバナンス体制の強化
  • コーポレート・ガバナンス方針書の制定
  • 方針書に基づくコーポレート・ガバナンス体制の維持・改善
  • 取締役会・監査役会の適切な運営の継続
  • 方針書に基づくコーポレート・ガバナンス体制の維持・改善
  • 取締役会・監査役会の適切な運営の継続
内部統制の強化
  • モニタリングおよび是正によるポリシー順守徹底
  • グループガバナンス改善・強化の推進

コンプライアンス

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
コンプライアンス行動規準のグループ内徹底
  • コンプライアンス部会の定期開催
  • 法令研修 延べ約300人が受講
  • コンプライアンスセミナー開催
  • 行動規準の改訂準備
  • コンプライアンスアンケートの実施
  • 本社ヘルプラインへの相談・通報 26件
  • コンプライアンス部会の定期開催(4回予定)
  • 行動規準の改訂版発行

リスクマネジメント

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
リスクマネジメント体制の強化
  • 事業復旧BCP構築推進(全体体制・対応プロセス構築)
  • 事業インフラ復旧訓練の実施
  • 緊急連絡体制の構築
  • 全社リスクマネジメント実効性向上の推進
  • BCP構築推進(グループ・グローバル展開)

情報開示(株主・投資家との対話)

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
企業理解を促すIR活動の拡充
  • 各種説明会の実施
    • 決算説明会(四半期ごと)
    • 個人投資家向け説明会
    • 証券会社スタッフ向け当社説明会
    • 機関投資家・証券アナリスト向け事業説明会
  • 投資家向けウェブサイトの整備
    • 投資家向けウェブサイトトップページリニューアル
    • アニュアルレポートオンライン版公開
など
  • 投資家とのコミュニケーション推進
    • 各種説明会の実施
    • 投資家向けウェブサイトの拡充など
  • 投資家の声のフィードバック推進

人権啓発の推進

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
グループ全体での人権啓発推進
  • イントラネットでの情報発信による従業員啓発
  • 人権影響評価ツールの調査
  • イントラネットを活用した従業員啓発の継続
  • 人権影響評価ツールなどの導入検討

従業員の人権尊重の取り組み

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
ハラスメント防止の取り組み推進
  • 従業員への教育・啓発推進
  • ヘルプライン適正運用の維持
  • 従業員への教育・啓発推進
  • ヘルプライン適正運用の維持

採用・雇用

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
公正な評価・処遇の徹底
  • 公正な評価・処遇の推進
  • 人事評価システムのブラッシュアップ
  • 公正な評価・処遇の推進
  • 新人事制度の導入

人材育成の取り組み

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
目的・対象に応じた教育・研修の推進
  • 人事制度見直しに対応した研修制度の検討
  • 新人事制度導入のためのラインマネジメント研修
  • 人事制度見直しに対応した研修制度の構築・整備
モノづくりを支える環境整備と技能伝承
  • 生産拠点の役割強化
  • 監督者教育(国内)の継続実施(高等技能学校、研修所など)
  • 海外製造現地法人幹部研修の実施(グローバル製造マネジメント研修)と次施策の検討
  • 技能伝承の推進継続(FromTo運動など)
  • 生産拠点の役割強化
  • 監督者教育(国内)の継続実施(高等技能学校、研修所など)
  • 海外製造現地法人幹部研修の見直し
  • 技能伝承の推進継続(FromTo運動など)

ダイバーシティの推進とインクルージョン

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
従業員ダイバーシティ推進
  • ダイバーシティ・マネジメント推進計画の継続推進(国内)(女性管理職比率の維持・向上、外国籍社員の採用推進)
  • 女性活躍推進行動計画の策定
  • ダイバーシティ・マネジメント推進計画の継続推進(国内)(女性管理職比率の維持・向上、外国籍社員の採用推進)
  • 海外グループ会社の調査(女性従業員比率など)
社会の雇用要請への対応
  • 多様な人材の雇用推進(国内)
  • 障がい者雇用の推進、雇用率維持・向上(国内)
  • 多様な人材の雇用推進(国内)
  • 障がい者雇用の推進、雇用率維持・向上(国内)
  • シニアパートナー制度の見直し

ワークライフバランスの推進

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
ワークライフバランスの向上
  • 総労働時間短縮の取り組み(カエルDay、一斉有休など)
  • 両立支援制度の整備、利用促進
  • 従業員への教育・啓発(ウェブサイトへの体験談・制度説明掲載など)
  • 総労働時間短縮の取り組み(カエルDay、一斉有休など)
  • 介護事由退職者の再雇用制度整備
  • 海外赴任帯同者再雇用制度の拡充
  • 従業員への教育・啓発(ウェブサイトへの体験談・制度説明掲載など)

従業員との対話

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
労使コミュニケーション推進
  • 労使会議・労使協議の実施(経営協議会、全社生産販売委員会、支部労使委員会、人事制度検討会、配分委員会、WLB推進委員会、海外勤務委員会ほか)
  • 労使会議・労使協議の実施(経営協議会、全社生産販売委員会、支部労使委員会、人事制度検討会、配分委員会、WLB推進委員会、海外勤務委員会ほか)
  • グループ各社における労使コミュニケーション推進

安全と健康

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
ルールおよび活動のグループ標準化
  • 人・モノに関するルールの見直し・グループ標準化
    • 安全衛生基本行動基準および交通安全5カ条(カード)の見直  し(グループ標準化)と改訂カードの全社員配布(国内)
  • 安全先取り活動の推進(リスクアセスメント活動)
    • 国内外各拠点への展開拡大(北見木材、桜庭木材、杭州ヤマハ、  ヤマハ・ミュージック・マニュファクチュアリング・アジア)
  • 人・モノに関するルールのグループ展開
    • 多言語化および海外拠点への配布による展開拡大・徹底
  • 安全先取り活動のグループ拡大(未導入の国内外拠点)
    • 危険予知活動、リスクアセスメント活動
従業員の健康維持
  • メンタルヘルスケアの推進
    • 教育実施(営業事業所)
    • グループ職場復帰支援プログラム導入
  • メンタルヘルスケアの推進
    • ストレスチェックの導入
    • セルフケア教育実施

環境マネジメント

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
環境マネジメント体制の構築
  • 各拠点でのISO 14001認証維持
  • グループ全体のマネジメントシステム(YEMS)運用
  • 各拠点でのISO 14001認証維持
  • グループ全体のマネジメントシステム(YEMS)運用
環境管理の力量維持
  • 業務・役割に応じた環境教育の実施
  • 内部環境監査員養成セミナー、ブラッシュアップ研修実施
  • 業務・役割に応じた環境教育の推進
  • 内部環境監査員の養成・スキルアップ

製品・サービスの環境配慮

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
製品の環境対応・配慮
  • 環境配慮製品の社内基準制定、社内認定制度 運用開始
  • 消費者に向けた製品環境配慮情報の積極的発信
  • 環境配慮製品の社内認定制度の定着化
  • 環境配慮製品の社内認定品追加
  • 製品使用時の温室効果ガス排出量算出と開示

気候変動の緩和および気候変動への適応

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
事業活動における温室効果ガス排出削減
  • 国内外拠点での温室効果ガス排出削減の継続
  • 国内生産拠点でのエネルギー消費原単位削減
  • 温室効果ガス排出量についてグループ全体でのScope1,2排出量把握
  • 算出スコープ拡大トライアル開始(Scope3)
  • 国内外拠点での温室効果ガス排出削減の継続

汚染の防止

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
生産拠点における環境管理の徹底
  • 海外生産拠点での規制基準厳格化対応
  • 環境監査および是正措置の確実な実行によるリスク低減
  • 環境汚染未然防止のため「環境設備基準」適合ロードマップ策定
  • 海外生産拠点における環境管理の強化
  • 環境汚染未然防止のための「環境設備基準」順守・推進
廃棄物の削減・リサイクル推進
  • 国内生産拠点でのゼロエミッション維持
  • 国内大型高濃度PCB廃棄物の処分完了
  • 国内生産拠点でのゼロエミッション維持
  • 廃棄物の有効活用推進

水資源の保全

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
水資源の節減と有効活用
  • 海外生産拠点での水リサイクル推進
  • 中国工場新廃水処理設備導入による水リサイクル開始
  • 海外生産拠点での水リサイクル推進

化学物質の管理と削減

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
工程からの排出削減推進
  • 「化学物質使用基準」に則った削減活動
  • 「化学物質使用基準」に則った削減活動の継続(特にVOCについて、代替・排出抑制活動)

生物多様性の保全

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
木材資源の適正かつ有効な活用
  • サプライヤーCSR行動基準に合法性・持続可能性の項目設定
  • 上記の状況確認開始(木材SAQ実施要請)
  • 合法性・持続可能性の状況確認継続(木材SAQ展開)
  • 認証木材の採用拡大
森林保全活動の推進
  • インドネシア植林エリアメンテナンス(アフターフォロー)実施
  • 遠州灘海岸林植林活動の実施
  • 次期森林保全活動の検討
  • 遠州灘海外林植林活動の実施

汚職防止

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
汚職防止の徹底と抑止システム構築
  • 中東販売子会社 ヤマハ・ミュージック・ガルフ取引先向け腐敗防止誓約書の作成
  • インドネシア子会社への現地ヒアリング
  • ガイドライン作成準備
  • グループ会社(特に海外)との情報交換

責任ある政治的関与

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
政治関与における透明性の維持
  • 事前協議、合議の仕組み整備
  • 監査役監査の実施
  • 協議・合議・監査の仕組みの運用徹底

公正な競争

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
公正な競争の徹底と反競争的行為の抑止システム構築
  • 法令研修「独占禁止法」「下請法」「景品表示法」実施、グループ会社も含め、延べ7回・357人が参加
  • 独占禁止法/競争法についてのガイドライン作成
  • グループ会社(海外含む)との情報交換

バリューチェーンにおける社会的責任の推進

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
CSR調達の推進
  • ヤマハサプライヤーCSR行動基準の順守要請
  • 行動基準の自己点検実施要請(国内生産拠点1次サプライヤー)
  • ヤマハサプライヤーCSR行動基準の順守要請継続
  • 行動基準の自己点検実施要請(海外生産拠点1次サプライヤー)

財産権の尊重(知的財産の保護)

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
知的財産の管理と適正な利用
  • 職務発明関連規定の改訂検討
  • グループ企業の知財管理状況調査
  • 保有知的財産の適正管理
  • 主に著作権に関する教育啓発活動実施
  • 知的財産の取り扱いに関する規定整備と運用(グループ企業の体制強化)
  • 適正な知的財産利用のための従業員教育・啓発
  • 保有知的財産の適正管理

製品情報の開示

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
製品・サービスの安全にかかわる情報の適切な開示
  • 学販カタログにおける安全啓発情報の更新
  • 安全啓発情報の定期的な見直し適正な情報開示のための社内規定の運用

製品の安全確保

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
製品の安全確保と製品事故発生時の対応強化
  • リスクアセスメントの有効性向上に向けた基準改定準備・検討
  • 重要な品質問題発生時の報告ルート再定義(グループ品質管理ポリシ-改定)
  • 開発プロセスでの製品リスクアセスメント新基準の運用開始・有効性向上

品質保証

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
品質保証体制・品質管理の強化
  • グループ品質マネジメント体制の再定義(グループ品質管理ポリシー改定)
  • 国内販売子会社におけるQMS構築の推進
  • 品質保証教育体系の棚卸し
  • 海外販売子会社、事業子会社における品質マネジメント要件定義、QMS 構築マニュアル整備
  • QMS 内部監査員のISO 9001:2015 対応教育
  • 品質保証教育体系の再構築
  • リゾート事業におけるお客さま安全のマネジメント強化推進

持続可能な消費

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
製品・サービスを通じたサステナビリティへの貢献
  • 環境配慮製品の社内基準制定、社内認定制度運用開始
  • 消費者に向けた製品環境配慮情報の積極的発信
  • 環境配慮製品の社内認定制度の定着化
  • 環境配慮製品の社内認定品追加

製品・サービスの充実

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
ユニバーサルデザインの推進
  • 開発部門、デザイン部門での継続的推進
  • ユニバーサルデザインをテーマとした社内セミナー実施
  • ユニバーサルデザイン推進状況、適用事例等の部門間共有の推進
社会課題へのソリューション提案
  • 「社会課題を見据えた製品・サービスの開発」をテーマとした社内セミナーを実施(啓発)
  • サステナビリティ要素の品質目標盛り込みによる企画・開発促進

お客さま満足の向上

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
製品・サービスのお客さま満足の向上
  • 主要市場における市場・お客さま情報の収集と活用プロセスの強化
  • お客さま志向風土醸成の促進
  • 主要市場における市場・お客さま情報の収集と活用プロセスの強化継続
  • お客さま志向風土醸成の促進と対象部門の拡大

お客さまへの応対・サポート品質の向上

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
お客さまへの応対・サポート品質の向上
  • グループアフターサービス管理ポリシー運用徹底のためのマニュアル整備
  • 国内外でのお客さまサポート体制の整備・運用
  • アフターサービスマネジメントシステムの構築・運用
  • サービススキル技術研修、アフターサービス網の整備
  • グループアフターサービス管理ポリシー運用徹底とモニタリングによる是正
  • 「顧客接点における価値提供」プロセスの整備

個人情報の保護(消費者データおよびプライバシー)

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
お客さまデータの管理による漏えい事故の抑止
  • ヤマハミュージックリテイリングへのモニタリング(顧客情報管理の状況)
  • 情報セキュリティの枠組みの中で個人情報管理などのマニュアルの見直し(情報セキュリティ部会で検討)

地域社会とのかかわり

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
事業拠点を置く地域との良好な関係の構築
  • 周辺自治会との定期的な対話
  • 各拠点で地域住民向けに夏まつりを実施
  • 地域社会への施設・駐車場などの開放
  • 各拠点における地域社会との継続的な対話の実施
  • 地域活動への積極的な参画の継続

地域貢献活動

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
地域発展への協力
  • 音楽イベントなどを通じた地域振興への継続的な協力
  • 各拠点での地域貢献活動プログラムの拡充
  • 音楽によるコミュニティーづくりへの支援事業継続
  • 音楽イベントを通じた地域振興への継続的な協力
  • ものづくり教室の継続と新規プログラムの検討
  • 音楽によるコミュニティーづくりへの支援事業継続

音楽文化の振興(音・音楽を通じた取り組みの推進)

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
音楽文化の普及・発展への貢献
  • 学校教育と連携したサービスの検討・提供
  • 新興国における音楽を通じた教育支援活動の推進
  • 学校教育と連携したサービスの提供
  • 新興国における音楽を通じた教育支援活動の推進

寄付・福祉活動

重点テーマ 2015年度の実績 2016年度の計画
寄付・福祉活動の推進
  • 従業員ボランティア活動の促進(機会提供とイントラネットによる
  • 地域における福祉活動の推進
  • 災害被災地への支援
  • 従業員のボランティア精神醸成につながる活動を展開
  • 災害被災地への支援継続とあり方についての検討