CSRマネジメント

  1. CSRについての基本的な考え方
  2. ISO 26000を用いたCSRマネジメント
  3. 戦略的CSRテーマの策定
  4. ステークホルダーとの対話
  5. CSR教育
  6. CSRレポートを用いた社内浸透
  7. 「社会課題を見据えた製品・サービスの創出」をテーマにした社内セミナーを開催
  8. CSR推進計画

ヤマハグループは、企業理念にも掲げているように、音・音楽を原点に培った技術と感性、保有する資産などを生かして、新たな感動と豊かな文化を世界の人々とともに創り続けることが自らの使命であると考えます。この理念を実践していくためにも、ステークホルダーの皆さまとの信頼関係の構築・維持を図りながら、事業活動を通じて持続可能な社会づくりに貢献していきます。

ヤマハグループは、製品・サービスの提供を通じて、またそれらを生み出す事業プロセス、企業活動を行う地域社会において、さまざまなCSR課題に継続的に取り組んでいます。
CSRの取り組みを推進していく上では、自らが重視することに加えて、社会の要請や期待にできる限り応えていくことが大切です。こうした認識のもと、2013年度から、社会的責任に関する国際的な手引であるISO 26000を用いて、当社グループにおけるCSRの取り組み状況を点検しています。2014年度には、ISO 26000の中核主題に沿ってこれまでの取り組み内容を整理・一覧化。ステークホルダーへの影響を踏まえて、当社グループにとって重要度の高いテーマと今後の取り組み事項を「CSR推進計画」として設定しました。

2015年度はCSR推進計画に基づき、各テーマの進捗を確認するとともに、お客さま、地域社会、NPO・NGO、従業員、SRI 調査機関などからの要請事項の把握、社外有識者へのヒアリングを経て、推進を強化すべきテーマを抽出しました。それらテーマを、経営ビジョンを軸とした中長期的な経営方針を踏まえてトップマネジメントにて協議し、当社グループの「戦略的CSRテーマ」として策定しました。
さらにその戦略的CSRテーマをもとに、CSR方針を改定するとともに、中期経営計画「NEXT STAGE 12」においてESG各観点での経営課題として組み込みました。今後は、進捗度を測る数値目標の設定などを進めていく予定です。

[ 画像 ] ヤマハグループCSR方針(2016年6月改定)

戦略的CSRテーマ

  • 社会課題を見据えた製品・サービスの創出(ユニバーサルデザイン、環境配慮製品、音技術応用など)
  • 地域に根差した事業展開、社会貢献活動(音楽による地域の持つ課題の解決、地域コミュニティ発展への貢献)
  • 温室効果ガス排出削減(サプライチェーンまでスコープを拡大した排出管理の実施など)
    持続可能な木材調達(トレーサビリティと合法性の確認厳格化、認証木材の採用拡大など)
  • CSR調達(ヤマハサプライヤーCSR行動規準の順守確認と必要な是正要請など)
  • 人権尊重への体系的取り組み(事業活動の人権影響評価など)
  • ダイバーシティ、人材育成(女性活躍推進、グローバル人材活用など)

活動内容の点検

  • ISO 26000の中核主題に沿って従来の取り組みを点検(2013年度)

CSR推進計画の整理

  • 同中核主題ごとに取り組み事項を整理・一覧化(2014年度)

重点課題の抽出

  • CSR推進計画に基づく進捗確認
  • サステナビリティに関する要請事項の把握(お客さま、地域社会、NPO・NGO、従業員、SRI調査機関など)
  • 社外有識者へのヒアリングを経て、各取り組み事項の中から重点課題を抽出(2015年度)

戦略的CSRテーマの策定

  • 経営ビジョンを軸とした中長期的な経営方針を踏まえ、推進を強化すべき「戦略的CSRテーマ」をトップマネジメント協議を経て策定
  • 戦略的CSRテーマの内容をCSR方針に反映(2016年度)

戦略的CSRテーマとISO 26000中核主題の関係

[ 画像 ] 戦略的CSRテーマとISO 26000中核主題の関係

CSR方針に基づいた取り組みの推進にあたっては、まず従業員一人一人がCSRについて理解を深め、環境や社会課題に対する感度を高めることが大切だと考えます。ヤマハグループでは、経営層から新入社員に至るまで、ウェブサイトおよびイントラサイトを利用したCSR情報発信や、各種研修やセミナーを通じて、それぞれの業務におけるCSR推進につなげていくことを目指し、教育、啓発に取り組んでいます。

2015年度の実績

項目 対象 内容 受講者数
社内セミナー 経営層ならびに各部門の管理職、一般従業員 社外有識者によるセミナー
「社会課題を⾒据えた製品・サービスの創出」
250人
CSR基礎研修 新入社員など CSR概論、ヤマハグループCSR方針や取り組みの説明など 計52人
[ 画像 ] 新入社員研修でのCSR教育
新入社員研修でのCSR教育

2015年6月、CSRの取り組み方針や実績についての社内周知を図るため、日本国内のヤマハグループ全従業員にCSRレポート(冊子)を配布しました。また、レポートの内容に基づいた「CSRなるほどクイズ」をイントラネット上で実施し、理解促進を図りました。

[ 画像 ] CSRなるほどクイズ
CSRなるほどクイズ
[ 画像 ] 従業員向けCSR情報共有ウェブサイト
従業員向けCSR情報共有イントラサイト
[ 画像 ] 従業員向けCSR情報共有ウェブサイト

ヤマハグループは2015年度、自らのCSRにおいて推進を強化すべき6テーマ(戦略的CSRテーマ)を策定しました。その一つである「社会課題を見据えた製品・サービスの創出」と題した社内セミナーを、2016年2月に開催。当日はヤマハグループ内から約250人の従業員が参加しました。
社会の課題解決に寄与し、かつビジネスとして成り立つ製品・サービスの創出について、ユニバーサルデザイン総合研究所所長の赤池学氏にご講演いただきました。同氏は、ユニバーサルデザインなどソーシャルイノベーションを促す環境・福祉対応の商品・施設・地域開発の第一人者です。
本業を通じたCSRの実践が重視される中、ヤマハでもユニバーサルデザインや環境配慮設計の導入、社会課題にアプローチするソリューション型の製品・サービスの創出への気運が高まっています。セミナーでの意識啓発を通じて、活動のさらなる活性化を図ります。

[ 画像 ] 赤池氏による社内セミナー
赤池氏による社内セミナー