第三者検証

ヤマハグループは、主要な環境パフォーマンスデータである温室効果ガス排出量(スコープ1、スコープ2およびスコープ3)の信頼性向上のため、SGSジャパン株式会社による第三者検証を受審し、情報システムと収集・集計・分析方法およびデータの正確性について検証を受けました。今後も、第三者検証をより有効に活用し、継続的な改善を進めてまいります。

2018年6月5日

[ 画像 ] 検証意見書の日本語版