持続可能な消費

環境や社会に配慮した製品・サービスの普及に向けて、また、環境に対するお客さまの関心にも積極的に応えていくために、ヤマハグループでは、ウェブサイトにて、製品における環境配慮の取り組み事例を開示しています。
また、「ヤマハエコプロダクツ制度」で認定された製品にヤマハエコラベルを表示して販売することで、お客さまに分かりやすい環境配慮情報を提供し、製品選びの一助となることを目指しています。

「ヤマハエコプロダクツ制度」

ヤマハグループでは、環境に配慮した製品づくりを促進するために、2015年に「ヤマハエコプロダクツ制度」をスタートしました。これは、環境配慮の基準を明確にし、ヤマハ製品の環境配慮を推進していく取り組みです。
自社基準を満たし、ヤマハエコプロダクツと認定した製品への「ヤマハエコラベル」表示を進めることで、お客さまに分かりやすい環境配慮情報を提供し、製品選びの一助となることを目指しています。
2017年3月末時点で、認定数は従来製品も含め300製品を超え、うち新規開発の13製品にエコラベルを表示しています。

[ 画像 ] ヤマハエコラベル
ヤマハエコラベル