品質保証

ヤマハグループでは、品質重視の製品づくりとサービスの提供を徹底するため、品質マネジメントシステムを運用し、品質向上に努めています。
グループ全体の品質方針・目標や重要施策は常務執行役を委員長とする「品質委員会」での審議を経て、代表執行役社長からの指示によりヤマハ(株)品質保証部長が各事業部門およびグループ企業へ展開します。各部門およびグループ企業は、グループ品質方針・目標に沿って部門目標を設定し、ヤマハ(株)品質保証部門が、これらの達成状況確認と品質監査(次項参照)などによるモニタリングを行い、品質委員会に報告します。
加えて「グループ品質管理規程」で、品質問題の発生などグループ内の品質状況をヤマハ(株)品質保証部門長へ集約することを規定し、グループ全体における品質管理のガバナンス強化も図っています。

[ 図 ] ヤマハグループ全社品質マネジメントシステム

ISO 9001 およびIATF 16949認証取得拠点
(2020年3月末時点)

ISO 9001:6事業領域で認証取得
IATF 16949:1事業領域で認証取得

各事業部門の品質保証体制や製品・サービス品質がヤマハグループの目指す水準にあるかをチェックするため、ヤマハ(株)品質保証部門の監査員が品質監査を実施しています。監査結果を踏まえ必要に応じて改善を促すとともに、全社品質マネジメントシステムの改善を推進しています。一方、各事業部門では、各自が所管する国内外の工場を指導・監査し、製品品質の向上に努めています。
こうした品質監査の有効性をさらに高めていくために、監査結果のみならず、品質監査プロセスそのものにも目を向けた改善活動も行っています。

ヤマハグループでは、人事教育に「品質技術」の専門教育と階層別教育を整備して、従業員の品質への意識向上と品質管理のスキル向上を目指しています。2019年度は品質工学コース、製品安全リスクアセスメント(R-Map)コースなどの各講座を開催しました。また、品質に関わる不正行為に繋がるリスクを除去するため、国内の全ヤマハグループを対象として、品質不正のリスク除去に焦点を当てた危険予知訓練を実施しました。今後は、技術系中堅人材に対する品質関連技術の習得強化を目的とした品質保証教育体系の再整備や、マネジメント層の品質意識向上を目的とした品質マネジメント教育体系の見直しも進めていきます。