• [ 画像 ] 音楽の力を若者の犯罪や非行の抑止に

中南米での青少年育成支援
音楽の力を若者の犯罪や非行の抑止に

[ 画像 ] 音楽の力を若者の犯罪や非行の抑止に1

中南米の多くの国で、犯罪や貧困、格差が深刻な社会問題となっています。

こうした環境に育つ子どもたちが犯罪・非行・暴力などに走ることなく健全な精神を育めるよう、国の政策として無償の音楽教育活動が進められ、各地域で青少年育成のためのオーケストラやバンド団体が結成されています。

ヤマハはこの活動に賛同し、音楽の力を生かした青少年育成を支援するプロジェクトを推進しています。

[ 画像 ] 音楽の力を若者の犯罪や非行の抑止に2
[ 画像 ] 音楽の力を若者の犯罪や非行の抑止に3
[ 画像 ] 音楽の力を若者の犯罪や非行の抑止に4
[ 画像 ] 音楽の力を若者の犯罪や非行の抑止に5
[ 画像 ] 音楽の力を若者の犯罪や非行の抑止に6

Review
青少年育成のためのオーケストラ・バンド団体

[ 画像 ] 青少年育成オーケストラ・バンド団体の推定生徒数 約50万人

中南米における青少年育成オーケストラ・バンド団体の生徒数は、約50万人にものぼると推定されています

活動の発展に伴って、同地域の管・弦・打楽器市場も急速に拡大。世界各国メーカーの楽器が多く流通し、多くの子どもが楽器を手にするようになりました。しかし一方で、大量に流通した楽器について、メンテナンスが行き届かなかったり、壊れても修理できる技術者がいなかったりという問題が顕在化してきています。

こうした問題を解決するために、ヤマハは中南米の現地法人各社と連携して、新たなプロジェクトを2014年度に開始しました。

※ ヤマハ推計。各種資料、現地法人や各団体へのヒアリングなどをもとに算出

Yamaha's Approach
楽器演奏を長く続けられる環境づくり

ヤマハグループが中南米地域で新たに目指すのは、楽器のメンテナンスや修理に関する技術を多くの人が身に付けられる環境づくりです。

演奏を長く楽しむためには、楽器を良い状態に保つ日常的なメンテナンスと、壊れた時に修理ができる技術者が必要です。そこでヤマハは、同地域でメンテナンスワークショップの開催や、技術者育成のための仕組みとネットワークの構築を進めています。

ヤマハの現地法人各社は、長年にわたって地域貢献の一環として各地の青少年育成オーケストラ・バンド団体への支援を続けてきました。その中で築いたパートナーシップをもとに、新たにヤマハグループとして研修などの教育的ソリューションを提案していく計画です。

各団体で活動する子どもたちが自ら楽器を手入れできるようになることで、楽器の状態を良く保つことはもとより、楽器を大切にする意識も高まります。また、楽器の修理技術は、演奏人口の多い同地域で職を得る上で有用です。 こうした観点から、ヤマハグループは楽器に関する技術や知識を多くの人に提供することで、中南米諸国の社会問題の解決と、音楽教育・文化のさらなる発展に貢献していきます。

メンテナンスワークショップの開催

[ 画像 ] メンテナンスワークショップ
メンテナンスワークショップ

青少年育成オーケストラ・バンド団体の指導者を対象に、メンテナンスワークショップを開催しています。

現地法人・販売代理店のスタッフが、ヤマハが制作したガイドブックを用いて各団体の指導者に楽器のメンテナンス方法を解説。その方法を指導者から子どもたちに伝えます。子どもたちが自分で日々の手入れをすることで、楽器を大切にする習慣をつけ、より良い状態に保つことができます。

技術者育成の仕組みとネットワーク構築

[ 画像 ] 技術者育成の仕組み
技術者育成の仕組み

ヤマハグループ各社が連携し、修理技術者を継続的に育成していくための基盤づくりを進めています。

ヤマハが研修プログラムとマニュアルを整備し、その内容をセミナーとフォーラムを通じて現地法人の技術者と共有。各社の技術者が各地域で育成活動を展開し、現地の人材を技術者として育成・認定します。2014年度から、ヤマハとヤマハ・デ・メヒコ(YDM)、ヤマハ・ムジカル・ド・ブラジル(YMDB)、ヤマハ・ミュージック・ラテンアメリカ(YMLA)とで活動を開始しました。

この仕組みを通じて、高い技術を持ち、管・弦・打楽器のすべてを修理できる「ヤマハ認定技術者」を、中南米の各地で育成していきます。

[ 画像 ] メンテナンスワークショップ(YDM)
メンテナンスワークショップ(YDM)
[ 画像 ] 現地法人・販売代理店指導者による技術者育成(YMLA)
現地法人・販売代理店指導者による技術者育成(YMLA)

Next Step
新たな教育インフラの構築へ

中南米に拠点を置く現地法人では、国の政策にいち早く対応し、音楽教育を各社が独自に支援してきました。それらの活動は青少年の健全な成長や就業スキルの向上に寄与しています。

今後、ヤマハグループ各社が連携して研修プログラムなどを提供し、定着させていくことで、中南米全域をカバーする教育インフラの構築を目指します。

[ 画像 ] 現地法人による支援活動。コロンビア:カウカ・ウィンド・オーケストラ、ベネズエラ:エル・システマ、ブラジル:ソプロノーボ

音楽文化を支える技術者を育てています

中南米では、音楽家に対応できるような優れた技術者の数が圧倒的に不足しています。また、多くの子どもたちが状態の悪い楽器を使用しており、楽器に対する配慮も十分ではありません。

私はヤマハ・ミュージック・ヨーロッパに在籍していた時代から、中南米の現地法人や代理店のスタッフらとともに、現地の修理技術者を指導し続けてきました。ヤマハグループの研修を受講した技術者のレベルは明らかに向上したと思います。技術者たちには、この活動を通じて自身が成長するだけでなく、中南米の音楽家たちの状況と子どもたちの楽器の状態が改善し、笑顔があふれるようになるということを伝えていきたいと思います。ヤマハが長年培ってきた技術と、技術者・指導者としての私の経験を合わせることで、中南米の音楽文化のレベルアップにつながればうれしく思います。

[ 画像 ] Emilio Martinez 顔写真

Technical Adviser
(Yamaha Music Europe GmbH 元従業員)
Emilio Martinez