• [ 画像 ] 楽器演奏を通じた子どもたちの成長を支援

世界の公立小学校での「Music Time」プログラム
楽器演奏を通じた子どもたちの成長を支援

[ 画像 ] 楽器演奏を通じた子どもたちの成長を支援1

児童期の充実した音楽教育は、子どもたちの感性や創造性を育むとともに、教室で一緒に学ぶことによって協調性を身に付ける助けにもなります。

ヤマハは、楽器に触れる機会に恵まれない多くの子どもたちに音楽の楽しさと素晴らしさを伝え、その成長を支援していくために、世界各地で楽器演奏の機会を創出する独自のソリューションを提案しています。

[ 画像 ] 楽器演奏を通じた子どもたちの成長を支援2
[ 画像 ] 楽器演奏を通じた子どもたちの成長を支援3

Review
楽器に触れる機会に恵まれない子どもたち

[ 画像 ] 楽器に触れる機会に恵まれない子どもたち

世界の公立小学校の音楽教育が抱える問題の一つに、設備と指導者の不足があります。地域によって、音楽教育カリキュラムの充実が重視されていなかったり、授業に充てる時間や予算が削減されることで、楽器に触れる機会に恵まれない子どもが多く存在しています。

一方で、例えばアジアの国々では、経済成長に伴って芸術文化振興への気運が高まっています。生活水準の向上とともに情操教育への関心も生まれ、より質の高い音楽教育を子どもに与えたいというニーズも増しています。ヤマハグループでは、ヤマハ音楽教室の事業展開を通じてそのニーズに応えていますが、生徒の多くが富裕層にとどまっているのが現状です。児童期の充実した音楽教育は、子どもの成長の可能性を広げます。より多くの子どもに、楽器に触れることで感性と創造性を培い、そして音楽の楽しさや素晴らしさを知ってもらいたい--そうした考えのもと、ヤマハは学校教育の中で音楽レッスンを実施する「Music Time」プログラムを開発。2015年からアジア地域での展開をスタートしました。「Music Time」は、ヤマハが音楽教育について長年培ってきた指導ノウハウを生かした新規事業です。

Yamaha's Approach
音楽授業のインフラを提供する「Music Time」

[ 画像 ] 「Music Time」の仕組み
「Music Time」の仕組み

ヤマハが提案する「Music Time」とは、器楽教育ができる環境づくりを進めるために、公立小学校に楽器・教材・指導ノウハウをパッケージとして提供するものです。

「Music Time」専用の教材と研修プログラムをヤマハが作成し、指導者を育成。また、ヤマハグループの現地法人と現地販売代理店が協力し、ポータブルキーボードやギターなどの楽器を小学校に提供します。学校では、ヤマハの研修を修了した指導者が「Music Time」専用教材と楽器を使って、既存のカリキュラムを補完する授業として音楽レッスンを行います。

2016年3月末時点で、マレーシアで52校、インドネシアで90校が「Music Time」を導入しています。インドネシアでは、小学校教員の中から指導者を育成することで、導入後は学校が自ら「Music Time」のプログラムを運営し続けています。

Next Step
学校授業をきっかけに、楽器演奏人口の増加へ

[ 画像 ] 2018年度末に1,000校・受験生延べ10万人を目指す
「Music Time」展開目標

「Music Time」は、児童たちの学習意欲を高め、合奏などを通じて協調性や自分の役割への責任感を育むプログラムとして期待を集めています。

多くの人が音楽に親しみ演奏人口が増えることで、ヤマハグループが各地で展開している音楽教室へも波及効果が期待できます。ヤマハでは今後、この「Music Time」をロシア、ベトナム、フィリピンにも展開し、3年間で5カ国・1,000校・延べ10万人以上の受講生を目指して事業を推進します。各国の現状に即したプログラム開発も進め、学校のほかに教育省に対しても、小学校での音楽教育の重要性を訴求していきます。

[ 画像 ] 音楽教育授業の展開イメージ
音楽教育授業の展開イメージ
[ 画像 ] Music Time の事業展開(2016年3月末現在)マレーシア、インドネシア。ロシア、ベトナム、フィリピンは展開予定。
音楽教育授業の展開イメージ

児童のさまざまな学びを助けるプログラムです

「Music Time」のグローバル展開を目指します。児童はレッスンを心から楽しみ、自らの意志で練習し上達しています。このプログラムは子どもたちの自律性と自己肯定感を醸成し、努力して達成する喜びを与え、創造力を育んでいます。学習態度が良くなり、他の科目の学習にも良い影響を及ぼしています。

[ 画像 ] Puan Hajah Maah bt Haji Rosdin顔写真

[ 画像 ] マレーシア
TTD(I Taman Tun Dr. Ismail Jaya)
Primary School
校長
Puan Hajah Maah bt Haji Rosdin 様

「Music Time」のグローバル展開を目指します

レッスンを楽しむ子どもたちの喜びに満ちた表情を見ることが、「Music Time」を推進する上での大きなモチベーションとなっています。グローバルに「Music Time」を展開し、より多くの子どもに音楽や楽器を演奏する喜びを体験してもらうことが私たちの願いです。

[ 画像 ] Raymond Yee 顔写真

[ 画像 ] マレーシア
Yamaha Music (Malaysia) Sdn. Bhd.
Public School Music Development
ゼネラルマネージャー
Raymond Yee

子どもたちの才能を育てるとともに教員も新たな技術を学べます

楽器に触れることのできる「Music Time」プログラムは、子どもたちの才能を育て、知識を増やすことにつながっています。私自身も、ポータブルキーボード演奏などの新しい技術を学んで児童や他の先生たちに伝えることができ、うれしく思います。

[ 画像 ] Vinni Hidayanti 顔写真

[ 画像 ] インドネシア
Rancaloa Public Primary School
教員
Vinni Hidayanti 様

教育委員会への提案などを通じて活動を広げていきます

音楽の知識を持たない先生方に、音楽教育の重要性や授業内容についてどのように伝えるか、負担がかかりすぎないように慎重に進めました。今後、教育委員会にも初等教育のカリキュラムに音楽教育を盛り込んでもらえるよう提案していきます。

[ 画像 ] Christine Permatasari 顔写真

[ 画像 ] インドネシア
PT. Yamaha Music Indonesia (Distributor)
「Music Time」プロジェクト担当
Christine Permatasari