研究者紹介

大嵜 郁弥

ikumi osaki

所属

研究開発統括部 第1研究開発部 技術応用グループ

業務内容

”楽器演奏と人”の関係性解明

学生時代の専攻

生体医工学

入社年度

2019年度


現在の仕事内容

演奏動作に関する研究をしています。
例えば、音楽教育の現場では先生たちの中で「腕の力を抜いて」など“こうして弾くべき”という指導が入るのが一般的です。それは、“楽曲に必要な表現を実現する”、“不必要な力を抜くことで演奏が原因の痛みを防止する“等、生徒のレベルや指導の目的に合わせて内容が選択されているはずです。
このような身体の使い方について、演奏者の中で漠然と「こうした方が良いだろう」という共通認識はあるものの、それらを計測し統計を取るような試みは十分にされていません。
そのため、演奏内容や楽器に応じてどのような戦略で身体を調整するのかを明らかにすることを目的に様々な計測・解析を行なっています。
まだ定量的な研究・議論が十分にされている領域では無いため、各領野の先生と日々議論をしながら常に新しい刺激を受け、発見の毎日です。

将来的には教育領野のみではなく、筐体形状や音響設計と演奏感、快適性などを解明し、演奏者にとって負担の少ない楽器作りにも貢献できればと思い研究を行っています。

自分で進めていくことができる環境

私は入社前から、この会社で演奏科学領域の進展に貢献したいと考えていました。
しかし、学生時代に演奏科学や心理学、音楽など関連領野の研究をしていたわけではありません。
「専攻を直接活かせないかも…」などの不安はあるかと思います。
必ずしも専攻準拠で考えないといけない!とは思いません。
自身のやりたい研究内容の意義をきちんとアピールすれば、勉強時間やリソースを潤沢に用いて自分で進めていくことができる環境です。
そのため、自分でテーマを考えて検討を重ね、研究を進めていきたい方にとってはとても良い職場だと感じます。