YST-SW1000

スーパーウーファーシステム/1990年

[ 画像 ] YST-SW1000

ヤマハ独自のYST方式を採用し、16Hzまでもの超低域再生を可能にしたサブウーファーシステム。
専用開発の30cmコーン型ウーファーを搭載。フレームにはアルミダイキャストフレームを採用。エンクロージャーには50mm厚高密度パーティクルボードによるGTラックを天・底・側板に使用。
150W用パワートランジスタによるディスクリート出力段をもつ本格的なパワーアンプを内蔵。