P-32D

ピアニカ/1984年

[ 画像 ] P-32D

ハーモニカと同様に空気を使って金属の板(リード)を振動させることによって音を出す鍵盤ハーモニカ。
ピアニカはヤマハにおける鍵盤ハーモニカの商品名で、登録商標でもある。
1960年代から学校教育に導入され、登下校時に持ち運びやすいケースをセットにした形のものが一般的。
現在ではプロミュージシャンがライブやレコーディングで使用することも多い。