CP-80

エレクトリックグランド/1978年

[ 画像 ] CP-80

ライブステージでアンプやスピーカーをフルに活用するエレキギターなどの音量に負けずに、アコースティックならではの表情豊かで深みのある音を得られるように開発されたエレクトリックグランド。
CP-70が73鍵だったのに対し、グランドピアノと同じ88鍵にしたモデルがCP-80。
グランドピアノをそのまま小型化し、ピアノアクションやフレーム構造にも同じ方式を採用しながら2つのケースに分割収納でき、音はピックアップで拾いアンプで増幅するエレクトリックギターの仕組みをピアノに応用した。
明るくハリのあるサウンドが特徴で音楽シーンを席巻し、ライブ演奏だけでなく、レコーディングにも数多く使用された。