E-70

エレクトーン/1977年

[ 画像 ] E-70

PASSystem(パルス・アナログ・シンセサイザー・システム)を搭載し、当時のスピネット型エレクトーン最上位機種として登場したモデル。
2つの音色のピッチを微妙にずらして豊かなディチューンサウンドを作り出す、セレステ効果と呼ばれる機能を搭載し、さらにトーンレバーと同じ機能を別回路(プリセットボード)で用意しておき、プリセットピストンと呼ばれるスイッチで瞬時に切り替えるという独特な音色切り替え機能も搭載している。