Yamaha Design “Synapses” SessionCake

2017 / MIXING HEADPHONE AMPLIFIER


手のひらサイズのつながるアンプ。

イトオシイ愛おしい / Beloved

「つながるガジェット」をコンセプトに、鞄にそのまま入れて持ち運べる大きさと重量感、正方形の上面に埋め込まれた大きなノブが幾何学的に並ぶという造形。カラーリングは一般的なミキサーやアンプに多いシリアスな方向性ではなく、元気なイメージの赤と青という原色を用いて、ポップで楽しげな印象を持たせました。

カンケツ簡潔 / Minimal

樹脂素材の良さを活かしたデザインとして、上部と下部でテクスチャに違いを持たせました。人目や指に触れる機会の多い上側ケースは磨き仕上げによるツヤ有り、傷のつきやすい下側ケースはテクスチャによるラフな質感にしています。ヤマハロゴはツヤ有りの本体に対しマットなテクスチャを与えることで本体中央に表現しました。これにより本体のかたまり感と精度感をより強調しています。

アタラシイ新しい / Revolutionary

軽くて小さく、樹脂色そのままの無塗装なので、気軽に持ち運べてどこにでも置くことができます。赤のSC01はエレキギターなどのモノラル楽器、青のSC02は、それに加えてシンセサイザーなどのステレオ楽器やボーカルマイクにも接続可能なモデルです。ヘッドホンアンプには珍しくストラップホールも備わり、電気、電子楽器同志のセッションがこれまでになく身近なものになります。

スグツカエルすぐ使える / Instantly-usable

楽器とつなぐとヘッドホンアンプとして機能し、その状態の他のSessionCakeとつなぐことでセッションができるようになります。 また、数珠つなぎにすることで、最大8人までが本機を通したセッションを楽しむことができます。ケーブルをつなぐだけで誰でも簡単に使用することができ、自宅での練習から友人とのセッションまで、様々なシーンで活躍します。


Toshihide Suzuki
Toshihide Suzuki
Designer
Yamaha Design Laboratory

つながるかたまり

電気、電子楽器のヘッドホンアンプとして機能することはもちろん、互いをつなぐことで最大8人まで同時に演奏を楽しめるSessionCake。
セッション時には各パートの音量や定位を、それぞれの個体で調整しあうことで皆が聴く全体のバランスを取ることができます。さらに、それら調整された音に影響を与えずに、自分が聴く「自身のパート」の音量だけを上げ下げすることができる「Me」つまみを装備。自分と自分以外のモニターバランスを調整することが可能となり、新しい楽器練習/演奏の在り方を提案する製品です。
大きさは存在感と使い勝手を考慮し、厚みを持たせた縦横小さめのバランスとしています。デザインとしては、良い音がしそうな機材の印象を与えたく、内圧がかかって表面にハリのあるイメージを表現したいと考えました。ソリッドな箱に内圧がかかって自然にバランスしたような形状。全体としては単純な形ですが、表面張力のような膨らみや自然な丸みを持たせ、ハリや重力を感じさせる造形にまとめたことで、音のよさそうな「かたまり感」を演出できたと思います。大きめのつまみもその半分を本体に埋めることで本体のかたまり感を強調し限界まで中身がつまっている印象を目指しました。
仕上げは上部と下部のケースそれぞれで役割に合わせて質感に違いをつけています。双方とも樹脂色そのままの無塗装ですが、成型に伴う粗を印刷やステッカーの配置、ジャック周辺の形状の工夫などで目立たなくするようにしています。気軽に鞄に突っ込んで持ち運べる大きさと質感に仕上がっているので、ガシガシ使い込んでもらえることを期待しています。
気分をあげてくれるポップなカラーリングやガジェット感のある造形は、部屋に置いて、自分が生活するスペースの雰囲気を作るアイテムとしても機能してくれると思っています。

  • 補足の画像1
  • 補足の画像2
  • 補足の画像3
  • 補足の画像4

同じデザインキーワードの製品を見る