Yamaha Design “Synapses” VOCALOID™ KEYBOARD

2015 / DIGITAL KEYBOARD


ボーカロイドで “声を演奏して歌う” キーボード。
プロトタイプモデル

イトオシイ愛おしい / Beloved

声のキャラクターのみならず、背負ったときのたたずまいや、抱えたときの質感など、ユーザーが愛着と信頼を持って接することができるパートナーのような存在。

ヒクスガタ弾く姿 / Dual-View

リアルタイムな歌唱を抱きかかえた鍵盤で演奏するというスタイルは、プレイヤビリティとともにオーディエンスビューも意識しています。ネックには発音させる言葉を文字やフレーズ単位で飛ばしたり戻したりするボーカロイドならではの操作ボタンを搭載しています。

アタラシイ新しい / Revolutionary

歌詞をプリセットし、キーボードで音程とタイミングを調整して歌わせる。歌わせるために必要最低限のインターフェースでライブ歌唱に特化した新しいボーカロイドの楽しみ方を提案します。

シアゲ仕上げ / Well-Made

ネックの形状はボディの丸みと連続性を持たせ、手の添えやすさを意識してしっとりとした質感に。手とかぶらない位置にボディとのつなぎ目を配し、カラーのコントラストでボディの存在を引き立たせると同時に演奏性にも配慮しています。

モツヨロコビ持つ喜び / Pride

家に“お招き”したら、自分だけのボーカロイドの世界へ。ギター用のシールドで、アンプやエフェクターにつないで演奏することで、表現の可能性が拡がります。


Kazuki Kashiwase
Kazuki Kashiwase
Designer
Yamaha Design Laboratory

ボーカロイドの新しい楽しみ方を提案する。

歌詞を本体にプリセットし、キーボードでメロディを奏で、リアルタイムに歌声を生成することができるVOCALOID™ KEYBOAD。普段はリスナーとしてコンテンツを楽しんでいるユーザーや、楽曲を制作しているクリエーターが、自ら演奏することでリスナーとクリエーターの中間のような感覚を楽しめる、“パートナー”のように思ってもらえる存在を目指しています。内蔵のスピーカーでそのまま使うこともできますが、ギターのシールドで音をアウトプットし、ギターを持ちこみ可能なカラオケボックスでも楽しむことができます。
デザインのコンセプトとしては、キーボードを擬人化することを考えました。ショルダーキーボードを思わせるルックスですが、実際は、声を演奏するという視点から、管楽器の丸みをイメージした形状で、ピアニカなどで誰もが一度は経験のある鍵盤をインターフェースとして採用しました。背負ったときの感覚やたたずまいもサクソフォンなど管楽器を意識して、全体的に丸みをもった形状にしています。また、カラーリングは実体とバーチャルとの中間の存在感となるような淡い色にしました。
リアルタイムに演奏できる新しいツールとして、ボーカロイドが多くの皆さんの楽しみ方を拡げられることを期待します。

  • 補足の画像1
  • 補足の画像2