QoS(優先制御)

LANインターフェイスで優先制御を行う場合の参考情報です。

対応機種とファームウェア

機種 ファームウェア
RTX5000 Rev.14.00.15以降
RTX820 Rev.11.03.16以降
RTX1200 Rev.10.01.20以降
RTX800 Rev.10.01.20以降

動作概要

優先制御では、リアルタイム性が重視されるデータやロスを最小限に抑えたいデータを、その他のデータよりも優先して送ることができます。

QoSの動作模式図

QoSの動作模式図

パケットは、クラス分け部でクラス毎に分類され、クラス別のキューに保存されます。スケジューラがクラス別キューを順番に見ることによって、パケットの出力順を制御します。優先制御の場合は、クラスの番号が大きい程優先順位が高く、上位のクラスにパケットがある限りはスケジューラは下位のクラスからパケットを取り出しません。

優先制御は、以下のコマンドで制御します。

queue class filter
queue INTERFACE class filter list
クラス分けを制御します。
queue INTERFACE length
queue INTERFACE class property
クラス別キューのパラメータを設定します。
(queue INTERFACE class propertyコマンドは優先制御では使用しません。)
queue INTERFACE type 優先制御を使うことを設定します。
speed INTERFACE スケジューラがキューからパケットを取り出す速度を設定します。

特に、LANインターフェイスではspeed INTERFACEコマンドが重要です。このコマンドが設定されていないと、スケジューラは100Mbit/sあるいは10Mbit/sといったLANインターフェースの物理的な速度でキューからパケットを取り出そうとします。しかし、そもそも入力側からパケットが入ってくる速度も最大でLANインターフェースの速度なので、パケットがキューに溜りません。パケットが溜らないと並べ替えを行なうことができず、優先制御を働かせることができません。そのため、出力インターフェースでは実際のWAN回線の速度に応じてspeedINTERFACEコマンドでパケットの出力速度を調整する必要があります。

設定例

LAN2側の送出速度を10Mbit/sとしUDPパケットを優先させる

speed lan2 10m 送出帯域を10Mbit/sに制限します
queue lan2 type priority 優先制御を使用します
queue class filter 1 4 ip * * udp * * 優先するパケットのフィルタを定義します
queue lan2 class filter list 1 フィルタをインターフェースに適用します

LAN2側の送出速度を8Mbit/sとしSIP,RTP関連のパケットを優先させる

speed lan2 8m 送出帯域を8Mbit/sに制限します
queue lan2 type priority 優先制御を使用します
queue class filter 1 4 ip * * tcp * 5060 SIPで利用するTCPポートを優先します
queue class filter 2 4 ip * * udp * 5004-5060 SIPで利用するUDPポートを優先します
queue lan2 class filter list 1 2 フィルタをインターフェースに適用します

PPPoEで接続するLAN2の送出速度を10Mbit/sとしUDPパケットを優先させる

PPPoEでカプセル化される前のPPインターフェースでクラスフィルタを適用してパケットのクラス分けを行い、出力直前のLANインターフェースのキューで優先制御を行います。

speed lan2 10m 送出帯域を10Mbit/sに制限します
queue lan2 type priority 出力LANで優先制御を使用します
pp select 1  
pppoe use lan2 LAN2でPPPoEを使用します
queue class filter 1 4 ip * * udp * * 優先パケットのフィルタを定義します
queue pp class filter list 1 フィルタをPPインターフェースに適用します
pp enable 1  

ページトップへ戻る