QoS(帯域制御)

LANインターフェイスで帯域制御を行う場合の参考情報です。

対応機種とファームウェア

機種 ファームウェア
RTX5000 Rev.14.00.15以降
RTX820 Rev.11.03.16以降
RTX1200 Rev.10.01.20以降
RTX800 Rev.10.01.20以降

動作概要

帯域制御では、データの種類に応じて流れることのできるデータ量を制限することができます。

QoSの動作模式図

QoSの動作模式図

パケットは、クラス分け部でクラス毎に分類され、クラス別のキューに保存されます。スケジューラがクラス別キューを順番に見ることによって、パケットの出力順を制御します。帯域制御の場合は、それぞれのクラスにパケットを送出できる最大速度が設定されており、その速度を超えてパケットを送出することはできません。最大速度を超えてパケットを受信しているクラスよりも、まだ速度に余裕のあるクラスから先にパケットを送出するという動作になります。

帯域制御は、以下のコマンドで制御します。

queue class filter
queue INTERFACE class filter list
クラス分けを制御します。
queue INTERFACE length
queue INTERFACE class property
クラス別キューのパラメータを設定します。
queue INTERFACE type 帯域制御を使うことを設定します。

設定例

UDPに2Mbit/s、その他に8Mbit/sの帯域を割り当てる

queue lan2 type shaping 帯域制御キューを使用します
queue class filter 1 1 ip * * udp * * UDPパケットをクラス1とするフィルタを定義します
queue lan2 class filter list 1 フィルタをインターフェースに適用します
queue lan2 class property 1 bandwidth=2m クラス1(UDPパケット)に2Mbit/sを割り当てます
queue lan2 class property 2 bandwidth=8m クラス2(デフォルトクラス; その他のパケット)に8Mbit/sを割り当てます

UDPパケットに2Mbit/s、TCPパケットに3Mbit/s、それ以外に5Mbit/sの帯域を割り当てる

queue lan2 type shaping 帯域制御キューを使用します
queue class filter 1 1 ip * * udp * * UDPパケットをクラス1とするフィルタを定義します
queue class filter 2 3 ip * * tcp * * TCPパケットをクラス3とするフィルタを定義します
queue lan2 class filter list 1 2 フィルタをインターフェースに適用します
queue lan2 class property 1 bandwidth=2m クラス1(UDPパケット)に2Mbit/sを割り当てます
queue lan2 class property 2 bandwidth=5m クラス2(デフォルトクラス; その他のパケット)に5Mbit/sを割り当てます
queue lan2 class property 3 bandwidth=3m クラス3(TCPパケット)に3Mbit/sを割り当てます

PPPoEでの接続でUDPパケットに2Mbit/s、それ以外に6Mbit/sの帯域を割り当てる

PPPoEでカプセル化される前のPPインターフェースでクラスフィルタを適用して各パケットのクラス分けを行い、出力直前のLANインターフェースのキューでそのクラス毎の帯域制御送信を行います。

queue lan2 type shaping LAN2のキューで帯域制限を行います
queue lan2 class property 1 bandwidth=2m クラス1(UDPパケット)に2Mbit/sを割り当てます
queue lan2 class property 2 bandwidth=6m クラス2(デフォルトクラス; その他のパケット)に6Mbit/sを割り当てます
pp select 1  
pppoe use lan2 LAN2でPPPoEを使用します
queue class filter 1 1 ip * * udp * * UDPパケットをクラス1とするフィルタを定義します
queue pp class filter list 1 フィルタをインターフェースに適用します
pp enable 1  

ページトップへ戻る