QoSの設定例:優先制御(TOS値)

网络示意图:优先控制(TOS值)

構成

センター側にRTX1200(1)が1台、拠点側にRTX1200(2)、RTX1200(3)の2台で計3拠点でネットワークを構築しています。
センター側RTX1200(1)のWAN回線は10Mで契約したEthernet回線、拠点側RTX1200(2)、RTX1200(3)のWAN回線はPPPoE回線を使用しています。

QoS設定検討

このネットワークにおいて重要なサービスは基幹サーバとクライアント間通信およびVoIPによる通話サービスです。
この2つサービスの使用帯域は、基幹サービスではクライアント毎に500K程度、VoIPサービスでは1M程度です。
帯域に比べ優先度の高いサービスが必要とする帯域が小さいので優先制御方式を選択します。
またVoIP端末、基幹Server、ClientからのパケットはIPヘッダのTOS値が高く設定されています。
RTX1200はTOS値を認識した優先制御を行います。

■設定例 RTX1200(1)

経路設定(デフォルトゲートウェイ) ip route default gateway "IP-VPN/広域イーサのゲートウェイアドレス"
LAN側インターフェースのIPアドレス設定 ip lan1 address 172.16.1.1/24
送出帯域の設定 speed lan2 10m
Queueの設定 queue lan2 type priority
queue lan2 class filter list 1
LAN側インターフェースのIPアドレス設定 ip lan2 address 10.1.1.1/24
Queueの設定(優先パケットのフィルタ定義 ) queue class filter 1 precedence ip * * * * * (※1)

※ 必要であればフィルタリング設定を追加します。
※1 IPヘッダーのTOS値を認識してクラス分けを行います。

■設定例 RTX1200(2)

経路設定(デフォルトゲートウェイ) ip route default gateway pp 1
LAN側インターフェースのIPアドレス設定 ip lan1 address 172.16.2.1/24
送出帯域の設定 speed lan2 10m
Queueの設定 queue lan2 type priority
WANインターフェースの設定
・PPPoEによるInternet接続設定
・PPPoEサーバとの認証設定など
pp select 1
pp always-on on
queue pp class filter list 1
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname (接続するID) (パスワード)
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ip pp mtu 1454
pp enable 1
Queueの設定(優先パケットのフィルタ定義 ) queue class filter 1 precedence ip * * * * * (※1)

※ 必要であればフィルタリング設定を追加します。
※1 IPヘッダーのTOS値を認識してクラス分けを行います。

■設定例 RTX1200(3)

経路設定(デフォルトゲートウェイ) ip route default gateway pp 1
LAN側インターフェースのIPアドレス設定 ip lan1 address 172.16.3.1/24
送出帯域の設定 speed lan2 10m
Queueの設定 queue lan2 type priority
WANインターフェースの設定
・PPPoEによるInternet接続設定
・PPPoEサーバとの認証設定など
pp select 1
pp always-on on
queue pp class filter list 1
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname (接続するID) (パスワード)
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ip pp mtu 1454
pp enable 1
Queueの設定
(優先パケットのフィルタ定義 )
queue class filter 1 precedence ip * * * * * (※1)

※ 必要であればフィルタリング設定を追加します。
※1 IPヘッダーのTOS値を認識してクラス分けを行います。

ページトップへ戻る